様々なサービスがある

スーツの男女

近年は、会社単位で賃貸オフィスを借りることが増えています。従来のテナントとの違いは、比較的短期契約が可能なことです。昔ながらのテナントを借りる場合は、1年契約等が普通でした。ですが、1年以内に会社を移動させなければならない場合、解約しなければいけません。この時、解約手数料がかかってしまいます。しかし賃貸オフィスの場合は、1ヵ月間の短期契約などを可能となっており、その点も素晴らしいサービスの1つといえます。それに加えて、賃貸オフィスの場合は個室等が備えられているケースがあるでしょう。その物件によっても異なりますが、フリーランスが利用できる位の大きさの物件もあるわけです。1つの空間の中に2人から3人しか入ることができないスペースがあり、そこで集中して仕事をしたい人にとっては魅力的な場所といえます。中には、シャワー室などがあるところも少なくありません。場合によっては寝泊まりをすることができるケースもあります。会議室等も、自由に借りることができるのが特徴です。大きなオフィスの場合は、いくつか会議室が用意されており事前に予約をしておけばその時にお金を払わずに借りることができます。結果的に、経費を減らすことができるでしょう。

まずは場所探しから

間取り図

賃貸オフィスを借りる場合には、事前にいくつか準備をしておいた方が良いです。具体的な準備内容の1つは、どのような場所を選ぶかです。例えば、よく来客があるところならば、比較的利便性の高い駅前などが良いかもしれません。駅前にオフィスを借りる場合には、それなりのお金はかかるものの、そこまで大きな駅でなければ割高になる事は少ないでしょう。逆に、駅から近くなくても問題ないと考えられる場合には家から遠いところに帰るのも1つです。ただ、もともと賃貸オフィス自体は駅から近いとこに集中しているため、駅から離れたところにはあまり存在しないものです。後は、広さなどを事前に確認しておいた方が良いかもしれません。ある程度柔軟性が高い賃貸オフィスの場合は、途中で部屋を変更することも可能です。あるいは、パーテンションで仕切られている場合には、そのパーテーションを広げることで、広い空間を確保することも可能です。ただパーテーションに関しては、すぐ隣に他の会社がある場合には勝手に広げることができません。この点に関しては、どの程度柔軟に対応することができるか運営会社に借りる前に聞いてみると良いかもしれません。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中