HOME>アーカイブ>居抜きオフィスからリノベーションオフィスやレンタルオフィス

物件の価値を高める

握手

ビジネスの拠点として賃貸オフィスを選ぶには、物件の特徴やメリットなどポイントを抑えておく必要があります。まず今人気の物件に居抜きオフィスがあります。居抜きオフィスとはこれまで他の会社が使用していたオフィスを引き揚げた後の備品や装備などを続いて利用できる物件のことで、最初から設備や備品が整っているのですぐに利用できコストも安くできます。次に最近増えてきた物件にリノベーションオフィスがありますが、リフォームとの違いは今あるビルや建物に大がかりな工事を行って、物件の価値を高めたり性能を上げたりした物件を言います。普通の民家やビルや倉庫や古民家などを改造して、新たな物件として再生させます。また初期投資を可能な限り抑えるなら、レンタルオフィスが向いています。

立地条件が大切

模型

まず賃貸オフィスにとって大切なものが立地条件です。交通の便がよくアクセスに便利で経済活動に向いている物件なら、コストがかかっても借りる価値があります。そして賃貸オフィスを借りるときに必要な費用として原状回復費用がありますが、50坪までなら概ね30000円/坪ぐらいでそれ以上になると価格が上がってきます。次に内装工事では電気工事が30000円から40000円/坪ほどで、セキュリティー設置工事は1ゲートで300000円ぐらいになります。また電話工事では新規で1人40000円、移設なら20000円ほどかかります。

広告募集中